よくあるご質問

道南いさりび鉄道の運行本数は1日何本ですか。

利用者の利便性の維持・確保を図る観点から、旧JR江差線(五稜郭・木古内間)の普通列車の運転本数、列車ダイヤを維持・確保するよう運行しています。

時刻表はこちら

JR函館駅への乗り入れはありますか。

利用者の利便性を確保するため、五稜郭駅での乗り換えが生じないよう、道南いさりび鉄道の列車がJR函館駅まで乗り入れています。

時刻表はこちら

五稜郭から木古内までの運賃はどうなりますか。また、通学者の割引や定期券の発行はありますか。

運賃については、先行事例や並行する路線バス等の運賃水準も参考に、JR運賃と比較して概ね1.3倍程度に設定しました。

地元の協議会(道南地域(五稜郭・木古内間)第三セクター鉄道開業準備協議会)での議論を踏まえて、平成27年10月26日に「旅客運賃上限設定認可申請」を行いました。

乗車券は、普通乗車券、定期乗車券(通学及び通勤)、回数乗車券、団体乗車券を発売しています。

JR北海道との乗継割引について。

並行在来線の経営分離により、江差線(五稜郭・木古内間)と函館線が別会社による運営となっても、これまでどおり1枚の乗車券で利用できるよう、当社とJR北海道との連絡運輸を実施し、乗継割引をしています。

範囲は、片道乗車券については列車の乗り入れ区間である五稜郭・函館間、定期券については函館・森間を対象としています。

オレンジカードや、イカすカード、バス・市電共通乗車カード、交通系ICカードは使えますか?

当社線ではご利用出来ません。

学生割引乗車券(2割引)は利用できますか?

当社線ではご利用出来ません。

通学定期券を購入する際の通学証明書の様式は変わりますか?

様式は今までと変わりません。

使用する車両はどうなっていますか。

車両は、利用者の状況や車両導入に伴うコストを勘案して、JR北海道から、現在、江差線で使用している車両と同じ、ワンマン仕様のディーゼル車両(キハ40形・9両)を譲り受け、数年かけて順次、塗装を変えていく予定です。

また、このうち2両を地域情報発信列車「ながまれ号」として開業時に登場させています。

地域情報発信列車「ながまれ号」についてはこちら

JR等で発売し、道南いさりび鉄道線(五稜郭~木古内間)を利用出来るきっぷ(特別企画乗車券)はありますか?

「はこだて旅するパスポート」「三連休東日本・函館パス」は有効期間内に限り、当社線でご利用頂けます。(2017.10月現在)

 それ以外はご利用できませんので、ご乗車区間のきっぷをお求め下さい。

当社線をご利用頂けるきっぷが発売される場合があります。

きっぷをお求めの際にご確認下さい。

「青春18きっぷ」で道南いさりび鉄道線は利用できますか?

当社線ではご利用出来ません。ただし青春18きっぷをお持ちの上、当社線の 五稜郭~木古内間と北海道新幹線の木古内~奥津軽いまべつ間を通して乗車する場合は、別途「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」をお求めいただければご利用頂けます。

当社線内の途中下車は出来ません。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券は全国のJRのみどりの窓口で発売されます。

JRからの引継後の各駅はどうなっていますか?

駅舎も現行のJR北海道の駅をそのまま譲り受けています。

五稜郭駅は、JR北海道との共同使用駅とし、道南いさりび鉄道専用の自動券売機を設置しますが、窓口・改札等の業務はJR北海道に委託しています。

七重浜~木古内の各駅には、社員による営業窓口はありませんが、七重浜~上磯の各駅と木古内駅に自動券売機を設置しています。

上記の自動券売機は設置駅からの回数券も購入可能です。